地場産物を利用した行事食
     <寒の入り> いただき  
 
 

 エネルギー 353kcal 
 たんぱく質 10.3g 
 脂質 10.6g 
 カルシウム 101mg 
 鉄 2.0mg 
 ビタミンA 38μgRE 
 ビタミンB1 0.09mg
 ビタミンB2 0.05mg
 ビタミンC 1mg
 食物繊維 1.8g
 食塩 0.9g
 マグネシウム 64mg
 亜鉛 1.8mg




 

 鳥取県西部地区の弓ヶ浜(ゆみがはま)では昔、漁業が盛んに行われていました。
「いただき」は、忙しい漁の合い間に、かじかんだ手でも簡単に食べられるように、漁師たちの弁当や間食として作られるようになりました。また、大山寺(だいせんじ)へ参拝する際、お供えしたり、参拝者の弁当としても作られたと言われています。
 「いただき」という名前は、三角形をした形が秀峰大山(しゅうほうだいせん)の頂きに似ていることからついたと言われています。また、「布子(ぬのこ)」という綿入りの防寒着に似ていることから、「ぬのこ飯(めし)」がなまって「ののこ飯」とも呼ばれています。現在でも、寒の入りや祭りなど行事に合わせて作られ、弓ヶ浜地域の郷土料理として愛されています。
      学校給食献立例
   




いただき・牛乳・はたはたのから揚げ
かぶのゆず香和え・冬野菜のかき玉汁・りんご



 

 
 材料 (6個分) 分量(g)
 精白米 390
 油揚げ(三角形) (6枚)180
 ごぼう(ささがき) 60
 にんじん(粗みじん) 30
 乾しいたけ(粗みじん) 6
 煮干し 30
 まこんぶ 30
  【A】  
 砂糖(上白糖) 55
 こいくちしょうゆ 25ml
 本みりん 8
 食塩 1.2
   
 水 900ml
 (乾しいたけもどし汁 60ml)
 つまようじ 6本



 
下ごしらえ
 
○精白米は洗って、1時間ほど浸漬させざるにあげておく。
○乾しいたけは水でもどしておく。もどし汁も使う。
○ごぼうはアクぬきしておく。
○油揚げは、油抜きをしておく。
○まこんぶはさっとふく。
   
作り方
 
油揚げの一辺に切り目を入れる。
米に、ごぼう、にんじん、もどししいたけの具を混ぜ合わせる。
油揚げに2をつめて、切り口をつまようじで縫うようにしてふさぐ。
炊飯釜に煮干しを敷き、その上にまこんぶをのせて、3を並べ入れる。
調味料Aと水、乾しいたけのもどし汁を入れ、炊飯する。
(油揚げがかぶるように水を調整する)

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.