地場産物を利用した行事食
     <大晦日(おおみそか)> 豆腐焼き(とふやき)  
 
 

 エネルギー 218kcal 
 たんぱく質 12.9g 
 脂質 9.6g 
 カルシウム 195mg 
 鉄 2.7mg 
 ビタミンA 60μgRE 
 ビタミンB1 0.12mg
 ビタミンB2 0.12mg
 ビタミンC 4mg
 食物繊維 2.1g
 食塩 3.1g
 マグネシウム 61mg
 亜鉛 1.4mg




 

 和歌山県伊都(いと)地方では、大晦日(おおみそか)の夜に麦飯と、硬めの大きい特製の豆腐に今年の「みそ」のつきおさめになるように(しくじる、失敗することを「みそがつく」ということから今年最後の失敗という意味)とねぎみそを作り、豆腐にぬっていろりの炭火で焼きました。この豆腐のことを「豆腐焼き(とふや)」といいます。家族でいろりを囲み一年の無事を感謝しながら食べていました。
 現在では、木綿豆腐でつくられることも多く、家庭によって使われるみそもさまざまです。
 
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・豆腐焼き・のっぺ・きのこ和え 



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 木綿豆腐  1丁(500g)
 【ねぎみそ】   
 葉ねぎ(小口切り) 50
 卵黄 24
 砂糖(上白糖) 30
 本みりん 20ml
 米みそ 100



 
作り方
 
葉ねぎをすり鉢ですりつぶし、卵黄と砂糖(上白糖)、本みりん、米みそを入れよくすり混ぜる。
木綿豆腐を縦10cm、よこ5cm、厚さ3cm程度に切って竹串をさし、片面を焼く。裏返し焼き面にねぎみそをぬり、炭火で豆腐を焼く。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.