地場産物を利用した行事食
     <おとご一日(ついたち)> 
 
小豆(あずき)ごはん なすの漬物
 
 
 

 エネルギー 299kcal 
 たんぱく質 6.4g 
 脂質 0.9g 
 カルシウム 15mg 
 鉄 1.1mg 
 ビタミンA 5μgRE 
 ビタミンB1 0.11mg
 ビタミンB2 0.04mg
 ビタミンC 1mg
 食物繊維 3.4g
 食塩 2.4g
 マグネシウム 31mg
 亜鉛 1.4mg




 

 1年最後の月の一日(ついたち)(12月1日)を「おとご一日」といって、カラスの鳴かないうち(太陽の昇らないうち)に小豆ごはんとなすの漬物を食べる習わしがあります。
 これは、1年のしめくくりとして、「成す・貸す・借りん」といって、この月になんでも成し終える、貸したものは返してもらい、借りたものは返すといわれ、「成す」から、なすの漬物を食べるようになり、小豆ごはんで最後の月を祝います。
 朝寝坊してしまって、なすの漬物を食べると、家庭内に思いがけない災難がおきて水におぼれるともいわれます。そのため1年間、川に落ちないように朝早く食べます。
      学校給食献立例
   




小豆ごはん・牛乳・厚焼き卵 
ふくめ煮・おひたし・なすの漬物  



 

 
 材料 (10人分) 分量(g)
 精白米 560
 もち米 140
 あずきのゆで汁 840ml
 あずき(乾) 75
 食塩 8
   
 なす(小なす) 10本
 食塩 15
 ぬか床  



 
下ごしらえ
 
○あずき(乾)を洗ってゆで、そのゆで汁をとっておく。
○なすは塩もみし、ぬか漬けにして保存する。
   
作り方
 
精白米ともち米をいっしょに洗い、ざるにあげて通常炊飯と同じ水分量になるよう、あずきのゆで汁を加える。
1にゆでたあずきと食塩を入れて30分浸漬させ、炊く。
炊き上がったら10分ぐらい蒸らす。
ぬか漬けのなすをひと口大に切る。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.