地場産物を利用した行事食
     <山の講(やまのこう)> 八日汁(ようかじる)  
 
 

 エネルギー 121kcal 
 たんぱく質 10.0g 
 脂質 1.9g 
 カルシウム 100mg 
 鉄 2.6mg 
 ビタミンA 357μgRE 
 ビタミンB1 0.13mg
 ビタミンB2 0.09mg
 ビタミンC 12mg
 食物繊維 5.8g
 食塩 0.5g
 マグネシウム 53mg
 亜鉛 0.9mg




 

 山の講(こう)は2月の7日、8日に行われる行事です。
 山の神様を祀(まつ)り、男は一日中、山仕事をしません。夜は講の仲間の男衆(1つの講で約5~6人が持ち回りで講を構成している)が集り、野菜の盛り合わせを肴(さかな)にお神酒(みき)を酌み交わし、山仕事の無事を祈りました。8日は「八日汁」を作り、さらに無事を祈りました。
 八日汁は、旧小原(おばら)村の北という地区の料理です。豊田(とよた)市内で山の講を行っている地区は他にもありますが、山の講の際に作られる料理はあずきご飯であったり、御幣餅(ごへいもち)であったりと地区によって異なります。

 
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・鮭の塩焼き
おひたし・みそ汁・みかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 鶏むね肉皮なし
  (小間切れ)
50
 さといも
  (1cmいちょう切り)
100
 にんじん
  (0.5cmいちょう切り)
50
 だいこん
  (1cmいちょう切り)
70
 板こんにゃく(短冊切り) 70
 ごぼう(ささがき) 50
 糸みつば(1cm小口切り) 40
 あずき(乾) 50
 豆みそ 50
 かつお節 7
 水 500ml



 
下ごしらえ
 
○あずき(乾)をゆでておく。
○板こんにゃく、ごぼうは下ゆでする。
○かつお節と水でだし汁をとる。
   
作り方
 
だし汁に鶏むね肉、にんじん、だいこん、さといも、板こんにゃく、ごぼうを順に加えて煮る。
野菜に火が通ったら、ゆでておいたあずきを加える。
豆みそを加えて弱火で煮こむ。
糸みつばを加えて仕上げる。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.