地場産物を利用した行事食
     <正月> みみ  
 
 

 エネルギー 219kcal 
 たんぱく質 6.6g 
 脂質 1.7g 
 カルシウム 46mg 
 鉄 1.2mg 
 ビタミンA 159μgRE 
 ビタミンB1 0.10mg
 ビタミンB2 0.08mg
 ビタミンC 15mg
 食物繊維 4.3g
 食塩 2.4g
 マグネシウム 34mg
 亜鉛 0.5mg




 

 鰍沢町(かじかざわちょう)の山間部に十谷(じっこく)地域があります。昔、隣村との境界争いに「ぜひ勝たせて欲しい」と神さまに願をかけて、もし勝ったときには「福箕(ふくみ)」を奉納すると約束しました。おかげで争いは勝利に終わって、村人たちは約束の福箕を奉納しました。
 この言い伝えが現在まで残っていて、この地方では、毎年、正月元旦の朝食には必ず箕になぞられた食べものを作り、これを歳神(としがみ)さまに供え、その後、家族もいただいています。
 小麦粉をねって箕のかたちをつくり、野菜といっしょに煮るもので、正月にふさわしい食べものです。箕は神の神域を現す意味も持っています。また、山深い耕地の狭い十谷では、箕は非常に大切にされた農具で、重宝具として奉(たてまつ)られていたのです。
 
      学校給食献立例
   




おむすび・みみ・牛乳・さわらの立田揚げ
和えもの・みかん



 

 
 材料 (5人分) 分量(g)
 【生地】  
 地粉(中力粉) 200
 食塩 2
 ぬるま湯 100ml
   
 かぼちゃ(一口大) 100
 じゃがいも(一口大) 100
 だいこん(いちょう切り) 100
 にんじん(いちょう切り) 50
 ごぼう(ささがき) 50
 生しいたけ(うす切り) 50
 根深ねぎ(小口切り) 20
 煮干し 20
 水 1.2L
 麦みそ(淡色白みそ) 80



 
下ごしらえ
 
○煮干しと水で、だし汁をとる。
○地粉に食塩を入れ、ぬるま湯を加えながらよく混ぜ、なめらかになるまでこね、ぬれ布巾をかけて30分ねかして、生地を作る。
   
作り方
 
だし汁に、ねぎ以外の野菜を入れ、やわらかくなるまで煮る。 
生地をのし板の上でうすくのばし、3㎝位四方に切り、箕のかたちに折る。
1に2を加えて煮る。
沸騰したら、麦みそを入れ味をととのえ、最後にねぎを加えて出来上がり。

 

 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.