地場産物を利用した行事食
     <ごぼう講> ごぼうのごま味噌和え  
 
 

 エネルギー 1,494kcal 
 たんぱく質 42.4g 
 脂質 38.2g 
 カルシウム 1,284mg 
 鉄 16.8mg 
 ビタミンA 2μgRE 
 ビタミンB1 0.98mg
 ビタミンB2 0.56mg
 ビタミンC 16mg
 食物繊維 68.4g
 食塩 12.4g
 マグネシウム 840mg
 亜鉛 12.6mg




 

 越前市(えちぜんし)(旧今立(いまだて)町・国中(くになか)地区)では毎年2月17日に惣田正月十七日講(そうでんしょうがつじゅうしちにちこう)と呼ばれる奇祭(きさい)ごぼう講が行われています。
 江戸時代に領主に内緒で作った隠し田(かくしだ)の収穫を喜んだ男たちが、密かに集まり山盛りのごはんとごぼうを食べたのが始まりで約300年続いています。ごぼうはその隠し田で栽培されていました。
 手で持って、上からごぼうをたらして下から食べます。この行事は男だけで行われます。

 
      学校給食献立例
   




あげご飯・牛乳・はたはたのから揚げ・さといものころ煮
ごぼうのごま味噌和え・田舎汁・苺



 

 
 材料 (1回分) 分量(g)
 ごぼう(根、生) 80貫(300kg)
 【合わせ味噌】  
 米みそ(淡色辛みそ) 30kg
 清酒 1升(1.8L)
 砂糖(三温糖) 24kg
 ごま(乾) 18kg



 
下ごしらえ
 
○ごぼうは皮をむき、米ぬかを入れた水にしばらくつけて、アクをぬく。
○合わせ味噌を作る。
   
作り方
 
なべに湯をわかし、アクぬきしたごぼうを20~30分煮る。(煮すぎるとごぼう特有の食感がなくなる。)
煮たごぼうは、あくまで切れない程度に、すりこぎ棒でたたき、食べやすい細さにして、繊維を砕く。
叩いたごぼうに合わせ味噌とごまを混ぜ込んで、一晩ねかす。


 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.