地場産物を利用した行事食
     <あえのこと> 小豆飯(あずきめし)・ハチメの塩焼き  
 
 

 エネルギー 468kcal 
 たんぱく質 9.7g 
 脂質 1.4g 
 カルシウム 15mg 
 鉄 1.6mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.15mg
 ビタミンB2 0.04mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 2.7g
 食塩 0.5g
 マグネシウム 42mg
 亜鉛 2.0mg




 

 「あえのこと」は、奥能登地方(おくのとちほう)一帯に伝わる稲作を守る田の神様に感謝する農耕儀礼です。「あえ(饗)」は田の神様をもてなすことで、「こと」はハレの行事をあらわすと考えられています。
 12月5日、1年の収穫を終えた田んぼから田の神様を迎え、風呂やごちそうでもてなし、2月9日に田へ送り出すのです。「あえのこと」は家単位の祭りであることから、家々によって相違がみられます。
 小豆飯(あずきめし)は田の神様に供えるごちそうの一つで大盛りにして供えます。赤飯の場合もありますが、「米を蒸す」ため稲作には縁起が悪いと考えられています。他に葉付きの二股大根や尾頭付きのハチメ(メバル)、平椀盛りと呼ばれる煮しめ、豆腐のみそ汁、甘酒、ブリの刺身などがあります。
 田の神様をもてなした後、料理はすべて家族で分け合って食べます。昔の人にとって「あえのこと」はごちそうが食べられる楽しみの日でもありました。平成21年にユネスコの世界無形文化遺産にも登録されました。
      学校給食献立例
   




小豆飯・牛乳・焼き魚(ハチメ)
あいまぜ・すまし汁



 

 
 材料 (5人分) 分量(g)
 精白米  600
 あずき(乾) 60
 食塩 3
 水 900ml
 ハチメ(メバル) 5尾
 食塩 5



 
下ごしらえ
 
○あずき(乾)を洗い、アクをとりながらたっぷりの水で固めにゆでる。ゆで汁はとっておく。
○ハチメはウロコと内臓を取って、食塩をふりかけておく。
○精白米は洗って水気をきっておく。
   
作り方
 
炊飯器に精白米とあずきと食塩、あずきのゆで汁を規定量入れ、炊く。
炊きあがったら、あずきがつぶれないよう軽く混ぜあわせる。
ハチメは水分を拭き取り、強火でこんがり焼く。


 


  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.