地場産物を利用した行事食
     <お正月> はばのりのお雑煮   
 
 

 エネルギー 181kcal 
 たんぱく質 6.8g 
 脂質 1.1g 
 カルシウム 41mg 
 鉄 2.1mg 
 ビタミンA 282μgRE 
 ビタミンB1 0.08mg
 ビタミンB2 0.10mg
 ビタミンC 7mg
 食物繊維 1.2g
 食塩 1.1g
 マグネシウム 46mg
 亜鉛 1.1mg




 

 はばのりとは、房州(ぼうしゅう)の海で取れる海藻(かいそう)を干したもので、青のりは、河口で取れる「青(あお)もく」という藻(も)を干したものです。
 はばのりのお雑煮は、千葉県の山武地方(さんぶちほう)などで昔から食べられてきました。
 焼いた餅(もち)をお椀(わん)に盛り、汁をかけ、はばのり、青のり、かつお節を混ぜたものをたっぷりかけていただきます。
 年の初めにはばのりを食べると、「1年中はばをきかすことができる」といわれています。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・ささみのライス揚げ
ゴマ和え・はば雑煮・バナナ



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 もち 240
 はばのり 5
 あおのり 3.5
 かつお節(削り節) 3.5
 若鶏もも肉(小間切れ) 60
 にんじん(いちょう切り) 50
 だいこん(いちょう切り) 60
 こまつな(3㎝幅に切る) 35
 かつお節(だし用) 12
 水 800ml
 こいくちしょうゆ 12ml
 本みりん 8ml
 清酒 5ml
 塩 1



 
下ごしらえ
 
○かつお節と水でだし汁をとる。
   
作り方
 
さっとあぶったはばのり、あおのりをもみほぐし、かつお節と混ぜておく。
だし汁ににんじん、だいこんを入れ、煮たったら、鶏もも肉を入れる。
もちを焼いておく。
2の野菜や肉に火が通ったらこまつなを入れ、調味する。(はばのりなどに塩気があるので、少しうす味にしておく。)
お椀に焼いたもちと4を入れ、その上に1をかける。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.