地場産物を利用した行事食
     <秋の収穫祭> いも串   
 
 

 エネルギー 237kcal 
 たんぱく質 4.4g 
 脂質 1.7g 
 カルシウム 26mg 
 鉄 1.2mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.14mg
 ビタミンB2 0.05mg
 ビタミンC 6mg
 食物繊維 3.6g
 食塩 3.0g
 マグネシウム 40mg
 亜鉛 0.7mg




 

 昔、栃木の人にとってさといもは、米・麦についで第三の主食として貴重な食品だったといわれています。
 いも串は、儀礼や行事に合わせて作られていた料理であり、日光市では、十日夜(とうかんや)のオヒマチにいも串と餅を食べたり、旧上河内(かみかわち)町の羽黒山神社の梵天(ぼんてん)あげにはいも串は欠かせないものになっています。
 また、那須塩原のほうでは「餅なし正月」という家訓をもった旧家があります。正月に餅を食べずに、先祖の苦労を忘れないようにと、蓑(みの)・笠(かさ)を身に着け、いも串を食べる風習を今も続けている家もあります。

 ※オヒマチとは、農村などで田植えや取り入れの終わった時などに部落のものが集まって会食や余興をすること
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・卵焼き
いも串・けんちん汁・みかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 さといも
 (半分・大きいものは一口大に切る)
400
 赤色辛みそ 100
 砂糖(中ざら糖 ) 100
 本みりん 50ml


 
下ごしらえ
 
○さといもは、外皮を洗い落とし傷んだところをむき、ざるにあげて1~2時間陰干しをする。
   
作り方
 
蒸し器にさといもを入れ、串が通るまで蒸し、盆ざるに広げて冷ます。
冷めたら、串に3~4個のいもをさす。
赤色辛みそと中ざら糖を混ぜてすり鉢でよくする。
3と本みりんを鍋に入れ、とろみが出るまで静かにかき混ぜながら煮る。
2のさといもを焼き、みそだれをつけて、もう一度軽く焼く。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.