地場産物を利用した行事食
     < お正月> 田楽餅(でんがくもち)  
 
 

 エネルギー 369kcal 
 たんぱく質 10.9g 
 脂質 5.0g 
 カルシウム 86mg 
 鉄 1.5mg 
 ビタミンA 20μgRE 
 ビタミンB1 0.10mg
 ビタミンB2 0.11mg
 ビタミンC 5mg
 食物繊維 2.0g
 食塩 2.2g
 マグネシウム 45mg
 亜鉛 2.1mg




 

 正月、三が日は無病息災(むびょうそくさい)を祈り、干し柿(ほしがき)・黒豆(くろまめ)・昆布巻き(こぶまき)の順に食べる慣(なら)わしがあります。福(ふく)をかき(柿)寄せる、健康で忠実 (豆)に働き、喜び(昆布(こんぶ))楽しく幸せに暮らせるようにという意味です。干し柿の中に入っている種をお金にたとえて、一両(いちりょう)・二両(にりょう)と数え、種(たね)がいっぱい入っているとお金持ちになるといわれています。加えて田楽餅と芋串(いもぐし)(やわらかく煮た里芋を串に刺して味噌だれをつけて焼いたもの)を子沢山(こだくさん)・子孫繁栄(しそんはんえい)を願って食べます。
 
      学校給食献立例
   




いもがら入りけんちんうどん・牛乳
ツナとわかめのサラダ・田楽餅・干し柿



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 もち (4切)  400
 木綿豆腐 100
 淡色辛みそ 70
 砂糖(上白糖) 50
 鶏卵 30
 ゆず 30


 
下ごしらえ
 
○豆腐は絞って水分を取っておく
○ゆずは皮をすりおろしておく
   
作り方
 
すり鉢で豆腐をよくすりつぶす。これに淡色辛みそ・砂糖(上白糖)・鶏卵の順に加え、なめらかになるまですり混ぜる。
ゆずを加え、香りをつける。
焼いてやわらかくなったもちを串にさし、1のみそだれを両面にぬり、炭火で表面が乾くまで焼く。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.