地場産物を利用した行事食
     < お正月> お平(ひら)  
 
 

 エネルギー 123kcal 
 たんぱく質 11.3g 
 脂質 3.6g 
 カルシウム 93mg 
 鉄 1.1mg 
 ビタミンA 8μgRE 
 ビタミンB1 0.16mg
 ビタミンB2 0.19mg
 ビタミンC 4mg
 食物繊維 1.9g
 食塩 2.6g
 マグネシウム 48mg
 亜鉛 1.0mg




 

 お平は大晦日(おおみそか)に作られる正月料理で、平椀(ひらわん)に盛ることからお平と名前がつきました。山の物(まいたけ)、海の物(昆布)、川の物(串魚(くしうお))、里の物(山芋・ごぼう・厚揚げ)のおいしさがひと椀に炊き合わされ、自然の恵みへの感謝の気持ちを表しています。
 盛りつけ方にも決まりがあり、山芋やごぼうを下にその上に結び昆布・まいたけ・厚揚げを盛り、一番上に串魚を一尾ずつ盛りつけます。
 只見町(ただみまち)は豪雪地帯で、冬期間の食材が限られてきました。保存できる食材をていねいに調理し、晴れの食事として食べられてきました。さらに、この一品でたんぱく質・カルシウム・ビタミン類と栄養的にもバランスがよく、冬期間の健康食となる料理です。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・さばの照り焼き
お平・ごぼうサラダ・みかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 まいたけ (一人1株) 80
 ながいも
       (皮付きでぶつ切り)
120
 ごぼう
    (5cm長さで斜め切り)
80
 まこんぶ(結ぶ) 1本
 串魚(くしうお)
(うぐい(只見ではハヤ・赤はらという) 串で焼いた物)
4尾
 厚揚げ(油揚げでもよい) 4枚
 水  880ml
 こいくちしょうゆ 38ml
 清酒 12ml
 本みりん 12ml
 食塩 4
 穀物酢 少々


 
下ごしらえ
 
○ながいもはひげを火で焼ききり、よく洗い皮をつけたまま切る。
○串魚は洗ってたっぷりの水に5分位浸す。
   引き上げやすいように、糸に通す。
○まこんぶはもどし、結ぶ。(糸に通す)
○厚揚げは湯通ししておく。
   
作り方
 
串魚を浸した水を使い、弱火で5分位煮て、その後静かに引き上げる。
その煮汁にごぼうとまこんぶを入れ、こいくちしょうゆを半分入れて10分位煮る。そこにながいもとまいたけを加え、残りの調味料を全部入れて弱火で10分位煮込む。
味が整ったら、厚揚げと串魚を入れ、一煮立ちしたら火を止め一晩置く。
食べる直前に鍋を回すようにして火を通す。
   
煮崩さないように気をつける。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.