地場産物を利用した行事食
     < 正月 > ひょう干し煮(ひょうぼしに)  
 
 

 エネルギー 64kcal 
 たんぱく質 2.6g 
 脂質 2.3g 
 カルシウム 35mg 
 鉄 1.0mg 
 ビタミンA 90μgRE 
 ビタミンB1 0.02mg
 ビタミンB2 0.04mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 2.0g
 食塩 0.8g
 マグネシウム 20mg
 亜鉛 0.4mg




 

 ひょうは、暑い日差しが照りつける夏場に畑や道端などに自生する雑草の『スベリヒユ』のことをいいます。摘んでも摘んでも生えてくるひょうは、畑のやっかいもの扱(あつか)いですが、山形県ではゆでて「からし和え」などにして食べます。また、さっとゆでて天日で干した「ひょう干し」は、保存食として用いられ、正月には、『ひょっとして良いことがあるように』との願いを込め食べる習慣があります。煮物にすると軽い歯ごたえと独特(どくとく)の風味があります。
 畑のやっかいものを保存(ほぞん)食として、さらに縁起(えんぎ)のよい食べ物として利用し、親しんできた先人の知恵と味を今後も伝(つた)えていきたいものです。
      学校給食献立例
   




カレーうどん・牛乳・ほたての磯部揚げ
ブロッコリー・ひょう干し煮・みかん



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 ひょう干し(3cm) 25
 糸こんにゃく(3~4cm) 50
 油揚げ (短冊切り) 20
 ちくわ(0.3cm幅の輪切り) 40
 にんじん (せん切り) 25
 サラダ油 5ml
 こいくちしょうゆ 14ml
 砂糖(上白糖) 6
 清酒 15ml
 だし汁 150ml


 
下ごしらえ
 
○ひょう干しは、洗って水から火にかけ、煮立ったら火を止めてそのまま冷ます(2~3回水を替える)。
○糸こんにゃくは切って下ゆでする。油揚げは油抜きして切る。
   
作り方
 
油で材料を炒め、だし汁と調味料を加えて、中火で煮汁がなくなるまで煮る。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.