地場産物を利用した行事食
     <和菓子の日> 豆腐(とうふ)カステラ  
 
 

 エネルギー 360kcal 
 たんぱく質 12.2g 
 脂質 8.1g 
 カルシウム 202mg 
 鉄 1.8mg 
 ビタミンA 18μgRE 
 ビタミンB1 0.12mg
 ビタミンB2 0.10mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 0.7g
 食塩 1.0g
 マグネシウム 52mg
 亜鉛 1.1mg




 

 カステラの材料は卵、砂糖、小麦粉、水飴などが使われていますが、戦後しばらくの間、これらの材料は高価なものでした。
 この時代、県南の内陸部は米作りとともに畑作も盛んで、みそ、納豆、きな粉などの原料となる大豆は重要な作物でした。新鮮な魚介類が入ることの少ない内陸部では豆腐もまたごちそうだったようで、正月や田植え、祝儀や法事など特別な日に豆腐でお客様をもてなしたそうです。この豆腐にさらに手を加えたのが「豆腐カステラ」です。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・鯖のごま揚げ・金平ごぼう
八杯とうふ汁・豆腐カステラ



 

 
 材料 (1本分) 分量(g)
 木綿豆腐 (裏ごす) 1,800
 砂糖(上白糖 ) 500
 卵白 50
 でんぷん 80
 食塩 4


 
下ごしらえ
 
○木綿豆腐は水によくさらし、にがりを流 し、なべで水から木綿豆腐をゆでておく。
   
作り方
 
木綿豆腐を布袋に入れ、軽く水気をしぼる。
水気をきった木綿豆腐を裏ごしにし、なめらかにする。
2に砂糖(上白糖)、卵白を加え、よく混ぜ合わせる。
3にでんぷんを振り入れ、食塩を加えてなめらかになるまでよく練る。
4をかすてら鍋(なければ四角い型)に入れ、片面を弱火で30分、裏返してもう片面を15分焼く。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.