地場産物を利用した行事食
     <端午の節句> なると餅(もち)  
 
 

 エネルギー 222kcal 
 たんぱく質 7.4g 
 脂質 0.7g 
 カルシウム 15mg 
 鉄 1.7mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.05mg
 ビタミンB2 0.03mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 3.6g
 食塩 0g
 マグネシウム 24mg
 亜鉛 1.0mg




 

 この餅は、昔から祝い事や特別な行事の時に作っていた餅でしたが「なると餅」という名ではありませんでした。
 明治17年、角館(かくのだて)に鴨川座(かもかわざ)劇場ができて、公演に訪れた春木座(はるきざ)一行の歌舞伎役者が当地に住み着き、副業として作り始めたとされ、その時に粟(あわ)餅(もち)の粟を「阿波(あわ)の鳴門(なると)」にかけて「なると餅」としゃれたらしく、後に粟が餅米(もちまい)になりました。上が黄色なのは粟の名残だと言われています。
      学校給食献立例
   




青菜ご飯・牛乳・卵焼き・厚揚げと里芋の煮物
若竹汁・なると餅



 

 
 材料 (5個分) 分量(g)
 道明寺粉(粗挽き粉) 180
 こしあん 250
 ぬるま湯 200ml
 笹の葉 5枚
 食用黄色 少々


 
下ごしらえ
 
○道明寺粉180gにぬるま湯200mlを入れ、30分くらいおく。
   
作り方
 
つけておいた道明寺粉を30gずつに分け、25gにまるめたねりあんを中に入れ、まるめる。
なると型に1を押し入れて形を整え、上に食用黄色をつける。
2を蒸気の上がった蒸し器に入れて3分程度蒸す。
蒸し上がった餅を笹の葉にのせて出来上がり。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.