地場産物を利用した行事食
     <正月料理> 柿なます  
 
 

 エネルギー 70kcal 
 たんぱく質 0.7g 
 脂質 0.3g 
 カルシウム 25mg 
 鉄 0.3mg 
 ビタミンA 110μgRE 
 ビタミンB1 0.03mg
 ビタミンB2 0.02mg
 ビタミンC 11mg
 食物繊維 3.2g
 食塩 0.7g
 マグネシウム 12mg
 亜鉛 0.3mg




 

 正月に膾(なます)はなくてはならないものです。
 大根が主でにんじんをとり合わせた紅白なます、それに干し柿を入れたものが柿なますです。
 大根にはビタミンCのほかに、消化を助けるジアスターゼが豊富に含まれており、しゃきっとした歯ざわり、さっぱりした食感は、餅を食べる正月料理に欠かせないものとなっています。
 地場産物のゆずを加え、彩りと香りを添えています。
      学校給食献立例
   




七草ご飯・牛乳・ぶりの照り焼き・柿なます・のっぺい汁



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 だいこん(せん切り) 300
 にんじん
(4㎝のせん切り)
50
 干し柿 (細切り) 1~2個
 ゆず皮(せん切り) 0.5
 【A】  
 砂糖(上白糖) 15
 米酢 30ml
 食塩 3
   
 振り塩 適量


 
下ごしらえ
 
○干し柿は、水洗いして水気を拭き取る。
   
作り方
 
だいこんとにんじんに食塩をふってしんなりさせ、水気をさっと絞る。
Aの調味料を合わせ,材料と混ぜて調味する。
 
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.