地場産物を利用した行事食
     <春まつり・冠婚葬祭>  桜ごはん  
 
 

 エネルギー 472kcal 
 たんぱく質 8.5g 
 脂質 1.2g 
 カルシウム 22mg 
 鉄 1.3mg 
 ビタミンA 3μgRE 
 ビタミンB1 0.08mg
 ビタミンB2 0.04mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 1.7g
 食塩 1.2g
 マグネシウム 51mg
 亜鉛 1.8mg




 

 桜の塩漬けは、桜のがくを取り除いた花全体を梅酢と塩で漬けこんだもので、江戸時代末期から生産が始まりました。水でひと洗いしたものを、お湯に浮かべると桜湯(花漬、花湯とも言います)になります。現代では、結納や婚礼などの祝いの席で多く用いられています。
 桜湯以外にも、和菓子や吸い物の具として用いたり、清酒や焼酎に浮かべることもあります。
 桜ごはんは、桜の風味が春を感じさせ、祝いの献立として作られています。
      学校給食献立例
   




桜ごはん・牛乳・鶏肉の唐揚げ
お浸し・すまし汁・いちご



 

 
 材料 (3合分) 分量(g)
 精白米 400
 桜塩漬け 12.6
 まこんぶ 4.0
 清酒 3ml
 食紅 少々
 水 480ml

 
下ごしらえ
 
○精白米は洗って水気をきっておく。
○桜塩漬けは、半量を塩抜きし、刻んでおく。
まこんぶと水でだし 汁をとる。
   
作り方
 
炊飯器に洗った米と分量のだし汁と、塩抜きしていない半量の桜塩漬け、清酒、水で溶いた少量の食紅を加えて炊く。
炊きあがったら、塩抜きし、刻んでおいた桜塩漬けを混ぜ、器に盛る。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.