地場産物を利用した行事食
     <入学・秋祭り>
 
赤飯(甘納豆入り あまなっとういり)
 
 
 

 エネルギー 422kcal 
 たんぱく質 7.4g 
 脂質 1.6g 
 カルシウム 21mg 
 鉄 1.2mg 
 ビタミンA 0μgRE 
 ビタミンB1 0.08mg
 ビタミンB2 0.03mg
 ビタミンC 0mg
 食物繊維 1.7g
 食塩 1g
 マグネシウム 32mg
 亜鉛 1.7mg




 

 赤飯はあずきの煮汁で色をつけるのが普通ですが、あずきは胴割(どうわれ)しやすく、それは武士の切腹につながるということから、屯田兵(とんでんへい)によって開拓された北海道では「ささげ」を甘く煮たものを使って赤飯が作られました。現在では金時豆の甘納豆を使用し作られています。
 家族のお祝い事などに作られる赤飯ですが、北海道の農村部では、収穫の時期に行うお祭りに、「赤飯と煮しめ」の献立でお祝いするところもあります。
      学校給食献立例
   




赤飯・牛乳・煮しめ・ほたてフライ・りんご 



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 もち米 400
 食紅 適宜
 甘納豆(金時) 80
 黒ごま 4
 食塩 4

   
下ごしらえ
 
○もち米を洗い、食紅の色を見ながら加え1時間ほど吸水させる。
   
作り方
 
もち米をざるにあげ、水気をきって蒸し器に入れ蒸す。
途中で2回ほど濃いめの食塩水(分量外)でしとを打つ。
蒸しあがったら、甘納豆(金時)を混ぜて器に盛り、ごま塩をふる。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.