地場産物を利用した行事食
     <年越し> くじら汁  
 
 

 エネルギー 213kcal 
 たんぱく質 6.5g 
 脂質 15.5g 
 カルシウム 81mg 
 鉄 0.8mg 
 ビタミンA 96μgRE 
 ビタミンB1 0.08mg
 ビタミンB2 0.05mg
 ビタミンC 7mg
 食物繊維 3.0g
 食塩 1.2g
 マグネシウム 35mg
 亜鉛 0.5mg




 

 くじら汁は、年越しにはかかせない料理で、かつては大鍋に大量に煮込んで三が日の間これを食べました。
 くじらは漁村ではニシンを浜に追い込むえんぎの良い動物で「えびす」ともよばれています。
 江戸時代には松前の浜に「寄りくじら」といわれるくじらがあがり、塩づけにし保存食としていました。このくじらの脂身の塩づけを「塩くじら」といい、くじら汁にもちいました。
      学校給食献立例
   




ご飯・牛乳・焼き魚(塩鮭)・おひたし・くじら汁



 

 
 材料 (4人分) 分量(g)
 くじら 本皮 40
 凍り豆腐(短冊切り) 4
 つきこんにゃく 60
 にんじん(せん切り) 40
 だいこん(せん切り) 120
 ごぼう(ささがき) 20
 たけのこ「水煮」
      (せん切り)
40
 わらび「水煮」(2㎝) 20
 ふき「水煮」(小口切り) 80
 根深ねぎ(小口切り) 40
 乾しいたけ(せん切り) 2
 こいくちしょうゆ 18ml
 食塩 0.8
 清酒 6ml
 まこんぶ 2
 水 600ml

 
下ごしらえ
 
○くじら本皮は、小さく切り、ゆでこぼす。
○まこんぶと水でだし汁をとる。
○乾しいたけ、凍り豆腐はもどしておく。
○つきこんにゃくはお湯をかけておく。
   
作り方
 
だし汁にくじら、根深ねぎ以外のその他の具材を入れ、煮る。
火が通ったら調味料を入れ、根深ねぎを加えて味をととのえる。
 



  公益社団法人全国学校栄養士協議会 All right reserved.