公益社団法人 全国学校栄養士協議会 全学栄 『栄養は愛をもって』

会社情報 帯メッセージ シンボルマーク

画像01

画像02

画像03

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

画像09

画像10


【会員専用ページ】は「Microsoft Edge」には対応しておりません。

刊行物

要覧

2019/03/25

公益社団法人全国学校栄養士協議会要覧


食育関係

2019/03/25

食育活動集 (第3編)

2019/03/18

新しい食育 〜給食時間の指導〜

2018/03/05

新しい食育 中学校U

2018/03/05

食育活動集 (第2編)

2017/05/24

新しい食育 〜小学校U編〜

2016/03/01

新しい食育 〜中学校・特別支援学校編〜

2015/03/01

新しい食育 〜小学校編〜

2014/03/01

栄養教諭のためのカリキュラム


食生活実態調査関係

2018/04/02

ヒヤリハット事例に学ぶ食物アレルギーの対応冊子

2018/03/05

よくわかる!学校給食における食物アレルギーの対応リーフレット

2017/08/01

学校給食における食物アレルギーの対応リーフレット

2017/01/06

学校給食における安全な食物アレルギー対応リーフレット

2016/03

栄養教諭等のための食物アレルギーに関するQ&A集

2015/03

食物アレルギー調査報告書


手作りmy弁当

2017/01/06

「手作りmy弁当」を作ってみよう。


災害時学校給食用非常食 ※添付物は追加です

New

2019/07/19

 3種合体版「救給カレー、救給根菜汁、救給コーンポタージュ

New

2019/03/25

 「救給五目ごはん(もち玄米入り)




 和風ごはん物が2020年1月から供給されます。
(130g入り、200g入りのもの)


郷土食の料理集


伝えたい行事食

伝えたい行事食

 わが国には、人々が豊かな自然の恵みに感謝し、その暮らしの中で育んできた四季折々の行事と行事食があります。地域の気候風土の中で栽培された地場産物を使い、独自の料理法で料理され、食べ継がれてきた行事食は素晴らしい食文化のひとつです。
  これからも、確実に受け継ぎ、しっかりと伝えていきたい行事食を全国各地から選りすぐり、掲載いたしました。

季節ごと

行事食(春) 行事食(夏)

行事食(秋) 行事食(冬)

県ごと

地場産品を生かした指導事例集

地場産品を生かした指導事例集

 平成20年度に学習指導要領の総則に食育の推進が明記され、同年改正された学校給食法においても、栄養教諭が食に関する指導を行うには地域の産物を学校給食に活用し、児童生徒に地域の食文化の理解の推進を図ることなどが明記されています。
 こうしたことから、栄養教諭・学校栄養職員が教諭等と連携して実施した食に関する指導の事例を収集し、それぞれの産物の紹介とともに「地域産物を生かした指導事例集」にまとめました。
 本事例集を学校関係者はもとより、食育に関わる多くの方々に広くご活用していただくことを願います。

食品による検索

教科ごとの検索


全国郷土料理めぐり

今月の料理


「きりたんぽ」 秋田県

 「きりたんぽ」は、秋田県の北部が発祥の地だといわれています。昔から、北部で炭焼きや狩りを生業にしている「マタギ」たちが、山にこもる時に持参していたものです。杉の木で作った串に、ご飯を細く巻きつけて炭火でこんがり焼いたものを「たんぽ」といいます。これを切ってなべに入れ、山で仕留めたキジ、やまごぼうやきのこを煮込んだものが「きりたんぽん」です。今では「きりたんぽ」といえば、「きりたんぽ鍋」のことをいうようになっています。