公益社団法人 全国学校栄養士協議会 全学栄 『栄養は愛をもって』

会社情報 シンボルマーク

画像01

画像02

画像03

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

画像09

画像10


沿革

設立

昭和36年11月10日


会長:

田中 信


目標:

一校に一名の栄養士、身分は栄養教諭



人件費国庫補助実現

昭和39年:

共同調理場の学校栄養士


昭和41年:

単独校の学校栄養士


これにより、国は学校給食に栄養士が必要なことを認めた。



新国庫負担法成立

 教員と同様に小中学校等における配置基準や給与費の半額を国庫負担とすることが定められた。
 この法律は、関係者の信じられないような努力で実現したものであり、学校給食法に「学校給食の栄養に関する専門的事項をつかさどる職員」として位置づけられた。
 栄養教諭も、この国庫負担法に組み込まれていたので実現できた。

社団法人に移行する

昭和49年9月12日

会長:田中 信


平成 4年

名誉会長:田中 信  会長:小林町子


平成19年

名誉会長:田中 信  顧問:小林町子  会長:市場祥子



保健体育審議会の答申

平成9年9月22日


 「食に関する指導等を行うのに必要な資質を担保するため、新たな免許制度の導入を含め、学校栄養職員の資質向上策を検討する必要がある」



自主研修会開始

平成10年9月より現在に至る

食に関する指導のカリキュラムを作成、全員に配布。


内容


1.

個別的な相談指導


2.

教科(家庭科、保健)


3.

特別活動


4.

保護者地域との連携指導


全国郷土料理めぐり

今月の料理


岡山県 岡山ばらずし

 江戸時代、備前岡山のお殿様は質素倹約を熱心にすすめたそうです。 「食事は一汁一菜とする」という倹約令が出されましたが、町の人々は 「それなら、すしの上においしいものをいろいろたくさんのせればよい。」 と魚や、野菜をすし飯に混ぜ込んだり、上にのせたりしました。 それに汁を添えて、見た目は一汁一菜としたそうです。
 こうして、海の幸、山の幸をたっぷり盛り込んだ豪勢な 「一汁一菜」が岡山の味となり今でも受け継がれています。